メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド

ロケット打ち上げ成功 3.1トンの通信衛星搭載

 【ニューデリー金子淳】インド宇宙研究機構(ISRO)は5日、将来の有人宇宙飛行での使用を想定したロケット「GSLVマーク3」(全長43.43メートル、重さ640トン)の打ち上げに成功した。インドメディアが伝えた。ISROによると、最大10トンを搭載でき、インドの宇宙産業の拡大にも期待が高まっている。

     ロケットは重さ約3.1トンの通信衛星を搭載し、南部スリハリコタの宇宙センターから打ち上げられた。ロイター通信によると、3トンを超える衛星の打ち上げ能力を持つのは、ほかに日本と米露中、欧州だけだという。モディ首相はツイッターで「国の誇りだ」と祝福した。

     インドは低価格で人工衛星を打ち上げる宇宙ビジネスを追求しており、独自に宇宙開発を続けてきた。2014年には米国の約10分の1のコストで、アジア初となる火星探査機の火星周回軌道への投入に成功。16年には国産の小型スペースシャトル試験機の打ち上げにも成功しており、将来は有人宇宙飛行も目指している。また今年12月には日本の民間月面探査チーム「HAKUTO」の探査車「SORATO」がインドのロケットで打ち上げられる予定だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
    3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
    4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]