メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一人ご飯

鏡は特別調味料…自分の姿でも食欲アップ

 1人で食事をする際、鏡に映った自分の姿を見ながら食べた方がおいしく感じられる、という研究結果を名古屋大学大学院の研究グループが発表した。情報学研究科の中田龍三郎研究員(認知科学)と川合伸幸准教授(同)らのグループで、米科学誌に掲載された。

名古屋大研究グループ発表

 実験では、65~74歳の高齢者と20~23歳の大学生それぞれ16人が、1人の小部屋で、自分の前に鏡を置いた場合とない場合とで、塩味とキャラメル味のポップコーンを1分30秒ずつ食べ比べた。

 おいしさを点数化してもらったところ、高齢者と大学生のいずれも、塩味とキャラメル味の両方で鏡の前で食べた方が点数が高かった。食べた量も、年齢や味に関わらず、鏡の前の方が約5~13%多かった。

 研究グループによると、他人と一緒に活動する方が1人でするより活動が進むことを「社会的促進」といい、1人より誰かと食事する方が多く食べることはすでに明らかにされている。今回は、同じ効果を得るのに、必ずしも他人でなく自分の姿でもいいことが新たに分かったとしている。

 今後は、病院などの環境でも同じ効果があるかや、普段の生活との関係などを調べる予定。中田研究員は「1人で食事をする『孤食』が増え、中でも1人暮らしのお年寄りは食事が面倒になり栄養不足になることも多い。少しでも生活の質の向上につながれば」と話している。【太田敦子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです