メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下関・化石

新種恐竜の卵か「研究史書き換える発見」

1965年に山口県下関市で採集された恐竜の卵化石=福井県立恐竜博物館で2017年6月2日午後0時13分、岸川弘明撮影

 山口県下関市で1965年に採集された化石が、国内では新種の可能性がある恐竜の卵化石だったことが分かった。福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)などの調査班が5日発表した。これまで恐竜化石の発見は岩手県岩泉町で1978年に見つかった「モシリュウ」の骨が国内最初とされてきたが、13年さかのぼることになる。専門家は「日本の恐竜研究史を書き換える発見」と話している。

 恐竜博物館によると、化石は下関市の綾羅木(あやらぎ)川上流域で1965年9月20日、当時高校生だっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです