メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別天然記念物

ライチョウの3個の卵は受精卵

褐色から白い冬羽に変わりつつあるライチョウの雄=北アルプス・立山連峰で2006年11月、武田博仁撮影

人工繁殖事業 環境省と富山市ファミリーパークが発表

 環境省と富山市ファミリーパーク(富山市)は5日、国の特別天然記念物で絶滅の危機にあるニホンライチョウの人工繁殖事業で産まれた3個の卵が受精卵だと発表した。順調に育てば、今月17日ごろふ化する見込みで、成功すれば人工繁殖の卵のふ化としては、1998年の大町山岳博物館(長野県大町市)以来、19年ぶりとなる。

 ニホンライチョウは北アルプスや南アルプスなどの高山帯に生息。生息環境の悪化から近年は2000羽以下…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文554文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです