メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レッサーパンダ4頭導入

河村たかし市長=兵藤公治撮影

河村・名古屋市長が市長選公約の「超目玉動物」の第1弾

 名古屋市は5日、東山動植物園(同市千種区)に2019年度からレッサーパンダ4頭を導入する計画を発表した。河村たかし市長が4月の市長選の公約に掲げた「超目玉動物」の第1弾だという。

     雄と雌2頭ずつで、市民からの寄付1億7000万円を獣舎整備に充てる意向。市内の女性が昨年度、「子どもたちのために可愛い動物を導入して」と寄付を申し出たため、市長選の前から同園が検討していた。

     レッサーパンダは同園で1982年まで飼育されていた。全国では2015年末現在、56園で275頭が飼育されているが、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定し、ワシントン条約で売買が禁止されているため、市は他園と動物を交換する形での入手を検討している。【三上剛輝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    2. 夏の高校野球 NHKが生中継できず 中村の本塁打瞬間
    3. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
    4. 停電 大阪・吹田市などで一時3万4千軒 信号機も消える
    5. 花氷 色とりどり、涼しさひときわ 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]