メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市場問題PT

築地再整備、利点色濃く 豊洲と両論併記

豊洲市場=本社ヘリから藤井達也撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)の移転問題を検証する都の市場問題プロジェクトチーム(PT)の会合が5日、都庁で開かれ、小池百合子知事に提出する報告書を大筋でとりまとめた。築地市場(中央区)の再整備と豊洲移転を両論併記しながらも、築地再整備のメリットを色濃くした内容。移転可否を巡る小池知事の重要な判断材料となる。

 築地再整備では、築地で営業しながら建て替える案と、別の場所に一時移転して改修する案を示した。工期は3年半~15年、工費は約800億~1388億円と試算した。「食のテーマパーク」として、場内の隅田川沿いにレストランを並べて見学コースを設けるほか、賃料収入を得るため2棟の高層オフィスビル「ツインタワー」を建設する構想も提示した。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです