メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎・著

むさぼり喰われたいほどバッタ愛が止まらない

◆『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎・著(光文社新書/税別920円)

 世の中には、犬の気持ちや猫の気持ちを推し量る本や記事が溢(あふ)れているが、バッタの気持ちを知ろうとするものはない。なぜなら私たちは、バッタのことをそんなに知りたくないからだ。

 バッタに取り憑(つ)かれた昆虫学者の夢は「自分もバッタに食べられたい」。小学校低学年の頃に読んだ科学雑誌で、緑色の服を着ていた女性がエサの植物と勘違いされ、バッタの大群に襲われて服を食べられた、とのエピソードを読んだのだという。本書の後半で著者は、一歩間違えれば地雷原でもある砂漠の大地で、緑色の全身スーツに着替え、「さぁ、むさぼり喰うがよい」とバッタの襲来を待ち焦がれる。

 昆虫学者として大成する。大好きなバッタを仕事にする。この二つを掛け合わせて唯一導き出された答えが、…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文940文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです