連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

慰霊の山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今年は織田信長公が尾張から岐阜に入城し当地を岐阜と命名してから450年。岐阜市は各種イベントを展開中だ。鵜(う)飼いも始まり、市内に観光客の姿が目立つ。なかでも市の中央にそびえる金華山は観光の柱だ。だがこの山には別の顔がある。

 山の南側にある梅林公園の奥。女子学生が天を仰ぐ姿の「平和祈願像」が青葉の中に建っている。敗戦の年の8月7日、愛知県豊川市の海軍工…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集