メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有機野菜

スーパーで産直 農商連携軸に共生 売上金の85%が生産者に 相模原 /神奈川

スーパー「まつば」に設置された産直コーナー。左は在庫管理をする渡名喜さん

 相模原市緑区日連の食品スーパー「まつば」に、地元農家が有機栽培した野菜を販売する産地直売コーナーが常設されて3カ月余り。売上金の85%が生産者に利益として還元され、産直野菜を買った客がスーパーで他の商品も購入する共存共栄の相乗効果が出て、中山間地での農商連携を軸とした共生社会づくりとして注目される。【高橋和夫】

 常設コーナーの設置を仕掛けたのは、緑区牧野のレストラン「百笑の台所」で、朝取り野菜直売の「ビオ市・野菜市」を主宰する土屋拓人さん(40)。ビオ市では津久井地域で多品種少量生産の野菜を有機栽培する新規就農者ら農家約20軒が、野菜や手作り農産加工品を毎月第1、第3火曜日の午前中に対面販売している。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです