メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地ワイン便り

山形・上山 タケダワイナリー 外交のテーブル支え

樹齢60~70年の古木と岸平典子社長。畑には下草が茂り、多様な生態が維持されているという=山形県上山市のタケダワイナリーで

 安倍晋三首相とウラジーミル・プーチン大統領はどんな乾杯を交わし、どんな満足の声を上げたのだろう。

 2016年12月の日露首脳会談(山口県長門市)で山形県上山市の「タケダワイナリー」のワインはワーキングディナーに供された。日本政府は10年ほど前からのお得意さんだ。「まだまだ、おいしいワインはありますよ」と岸平典子さん(51)は話し、自信のボトルは国際外交のテーブルを支えてきた。

 兄が亡くなり、05年に5代目の看板を引き継いだ。ワイナリー業界としては初の女性社長兼醸造栽培責任者である。現在は山形県若手葡萄(ぶどう)酒産地研究会の会長も務め、後進の育成にも力をそそぐ。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです