メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

鹿苑(奈良市) おめでた 初夏の風物詩 /奈良

寄り添う親子の鹿たちたち=奈良市春日野町の鹿苑で、数野智史撮影

 5月上旬、奈良市の奈良公園内で今季初めて確認された鹿の赤ちゃん。今年も次々と産声を上げている。一部を保護している「奈良の鹿愛護会」が今月、保護施設「鹿苑(ろくえん)」(同市春日野町)で恒例の子鹿の公開を始めた。愛らしい初夏の風物詩を楽しもうと訪ねてみた。【数野智史】

 鹿苑は、妊娠している母鹿や生まれて間もない小鹿、病気やケガをした鹿などの保護施設で、1929年に完成した。敷地面積は約1万5000平方メートルある。農家の畑をあらしたり、何度も人を襲ったりした鹿も収容されているそうだ。

 今月1日、愛護会が今季保護した305頭のうち、73頭(母鹿55頭、子鹿18頭)が公開された。開場前…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです