メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

「貸家バブル」の様相 地銀・メーカーが建設攻勢 空室目立つ「アパート銀座」

 地方銀行の個人向けアパート・マンション建設融資が過去最大になったことは、優良な貸出先を持たない地銀の苦境を物語る。だが、地方では既に貸家の供給過剰も目立ち始めており、「貸家バブル」がはじければ、住宅市場だけでなく、地銀経営への打撃も大きくなりかねない。金融庁や日銀は警戒を強めている。【小倉祥徳、小原擁】

 津市中心部から車で約15分の阿漕(あこぎ)町津興(つおき)地区。2、3年前まで新築物件が少なかった伊勢湾そばの住宅街は今、2階建てアパートの建設ラッシュに沸いている。地区内には昨年末に5棟が完成したばかりで、もう1棟も間もなく出来上がる。地元不動産業者によると、周辺では今後250戸分の新築物件が誕生する予定。さしずめ「アパート銀座」の様相だ。

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです