メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「道徳」どうあるべきか

押谷由夫・武庫川女子大教授

 「教科外の活動」という位置付けで成績評価の対象外だった「道徳」が小学校で2018年度から、中学校で19年度から正式な教科として全面実施される。小学校の検定教科書も発表された。学校現場には「どう教え、どう評価すればいいのか」との戸惑いが残る。「道徳」はどんな教科であるべきなのだろうか。

幸せになる人格育成こそ目的 押谷由夫・武庫川女子大教授

 「道徳」と聞くと多くの人が「どこかうさん臭い」と感じ、教える立場の教師たちさえも「どこか後ろめたい…

この記事は有料記事です。

残り4338文字(全文4558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです