メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「成立ありき」の「共謀罪」法案=遠藤拓(東京社会部)

衆院法務委員会で「共謀罪」法案の採決に抗議し委員長席(左奥)に詰め寄る野党の議員ら。右端は金田勝年法相=国会内で5月19日、西本勝撮影

審議、一からやり直せ

 いわゆる「共謀罪」法案の国会審議を見ていると、やりきれない気持ちになる。政府・与党が今国会での成立を急ぐあまり、「内心の自由や思想の自由を侵害する」「監視社会を招く」「テロ対策として不十分だ」といった不安や懸念の払拭(ふっしょく)に努めていないと思えるからだ。審議の舞台は参院に移ったが、このまま説明を尽くすことなく法制化するのは、数の力に頼った暴挙だと言わざるを得ない。

 法案は、正しくは組織犯罪処罰法改正案という。組織犯罪を計画段階で処罰可能とする「共謀罪」の成立要件…

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです