メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

佐藤天彦さん=名人位を初防衛した

佐藤天彦さん=宮間俊樹撮影

 毎日ファッション大賞話題賞を昨年受賞したほど、そのセンスも注目されている。今期名人戦七番勝負第5局では、アザラシの柄が入った和服を着た。4月の電王戦でも着用したもので、「白いアザラシが好きですが、そんな反物があったので、作ってみました」。22歳からピアノを習うほか、料理教室へ通うことも考えているという多趣味ぶり。自分を貫くことは盤上の姿勢に通じる。

 同世代の稲葉陽(あきら)八段(28)を挑戦者に迎えた今期七番勝負。稲葉八段は関西本部所属で、20期ぶりの関西からの名人誕生がなるかも注目された。だが、名人も一時、関西奨励会で修業した身。「関西の骨太な力将棋の下で育ち、関東に移ってからは洗練された序盤研究を取り入れた、ハイブリッドな将棋が基礎になっています」

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです