メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第5回日本ダンス大会

11日開催 はつらつ高校生に期待 山川岳・事務局長に聞く

 大会や参加チームの特徴などについて、競技委員長を務める山川岳(がく)・日本ダンス技能向上委員会事務局長に聞いた。

 --高校の部活動でのダンスの現況を教えてください。

 ◆5年前と比べると環境が大きく異なっています。今はたいていの高校にダンス部があります。女子生徒がやりたい部活動の1位がダンスという調査もあります。テレビのドラマやCMなどでもダンスが多く登場し、ダンスが青少年に身近な存在になり、スポーツとして認められたのです。ダンスは高校からでも挑戦できるスポーツで、そこが大きなメリットです。高校の部活動で、ダンスは市民権を得たという感じです。

 --急速な変化で、指導者は大変ですね。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです