メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 夏に増える危険=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

脳卒中予防に水分補給

 長年、在宅医療の現場にいると、予防ができたのではないかと思う脳卒中後遺症による寝たきり状態の方にたくさん出会う。

 日本人の死因の第4位、脳卒中の患者は年間120万人以上に上る。「寝たきり老人」の3割、要介護者の2割が脳卒中患者であるという実態もある。

 毎年5月25日から31日は脳卒中に関する理解を深める「脳卒中週間」だ。日本脳卒中協会が定めた。

 なぜ、この時期なのか。脳卒中の大部分を占める脳梗塞(こうそく)の発症が、年間では春に少なく6~8月…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです