メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

多様化 「労働力」へ発想転換 都内企業、群馬で養蚕業

桑の葉を枝からちぎって蚕に与える職員=1日、鈴木直撮影

 障害者の雇用の場が多様化している。「障害者に対する支援」という発想ではなく、障害の程度や個性などに応じて働く場を提供するとの考え方が広がり、新たな「職場開拓」の動きが進んでいる。【鈴木直、永山悦子】

 良質な生糸で近代日本を支えた世界遺産、富岡製糸場のある群馬県富岡市に今月、「とみおか繭工房」が開所した。障害者雇用を支援する「パーソルサンクス」(東京都中野区)の事業所で、職員10人のうち7人が障害者だ。

 「都会の風が吹く。また違った流れができるのではないか」。1日の開所式。地元で障害者のグループホーム…

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです