メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山中真人氏

 ◆反対

企業活動の停滞懸念 弁護士・山中真人氏(43)

 国際取引や金融に詳しいビジネス弁護士7人で先月19日、「共謀罪」法案に反対する声明を発表した。法案は市民活動を萎縮させると言われているが、詳しく読むと、企業活動への萎縮効果がより大きいと感じる。

 共謀罪の適用対象には会社法、金融商品取引法、税法、破産法、特許法など企業活動に関わる法律が幅広く含まれている。法案は「組織的犯罪集団」の共謀・準備行為を立件対象とし、集団を「共同の目的を有する多数人の継続的結合体」と広く定義している。

 この「共同の目的」については別の条文で「犯罪の実行」と限定されてはいるが、法律家の感覚で言うと、「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです