食育アンケート

ゲーム長時間は虫歯のもと? 富山大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
富山大地域連携推進機構地域医療保健支援部門長の関根道和教授
富山大地域連携推進機構地域医療保健支援部門長の関根道和教授

 テレビやゲームを長時間利用する子供ほど虫歯になりやすい--。4~10日の「歯と口の健康週間」にちなみ、富山大地域連携推進機構地域医療保健支援部門(富山市杉谷)は、富山県高岡市内の小学生2109人を対象に昨年1月実施した食育に関するアンケート結果を発表した。部門長の関根道和教授(46)=社会医学=は「ゲームなどで興奮状態にあると唾液分泌量が低下し、虫歯になりやすいのでは」と説明している。【青山郁子】

 子供の虫歯と生活習慣に焦点をあてた研究は少なく、結果は5月末、福岡県で開催された日本小児歯科学会でも発表された。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文849文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集