JR東

山手線全車両にカメラ 20年までに設置

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR山手線車両E235系の内装。防犯カメラは1車両に4カ所導入される=東京都品川区の東京総合車両センターで2015年3月28日、宮間俊樹撮影
JR山手線車両E235系の内装。防犯カメラは1車両に4カ所導入される=東京都品川区の東京総合車両センターで2015年3月28日、宮間俊樹撮影

 JR東日本は6日、山手線の全車両に防犯カメラを導入すると発表した。常時録画し、車内の迷惑行為や痴漢などの犯罪、テロを防止するのが狙い。2018年春に設置を始め、東京五輪が開催される20年までに設置を完了させる予定だ。同社の冨田哲郎社長は「映像は厳正に取り扱い、乗客のプライバシー保護には万全を期す」と話している。

 同社は新幹線や痴漢被害が多かった埼京線の一部車両などで、すでに防犯カメラを設置している。在来線の全車両に設置するのは山手線が初めてで、利用者の多さや五輪開催地を走る路線としての重要性を考慮した。冨田社長は「痴漢行為などの防止に車内カメラは一定の効果があるだろう」と語り、山手線以外への導入も進めていく考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文984文字)

あわせて読みたい

ニュース特集