特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

2本柱を確立 ホンダ熊本、第2代表に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ホンダ熊本-九州三菱自動車】九州三菱自動車打線相手に好投するホンダ熊本先発選手・隈部=鹿児島市の鹿児島県立鴨池野球場で2017年6月6日、矢頭智剛撮影
【ホンダ熊本-九州三菱自動車】九州三菱自動車打線相手に好投するホンダ熊本先発選手・隈部=鹿児島市の鹿児島県立鴨池野球場で2017年6月6日、矢頭智剛撮影

 鹿児島市の県立鴨池野球場で6日にあった第88回都市対抗野球大会九州地区予選の第2代表決定戦。ホンダ熊本(熊本・大津町)の左腕・隈部が7回3失点(自責点1)の好投を見せ、2年連続11回目の本大会出場へ導いた。

 活躍を待ち望まれた左腕がチームを救った。ホンダ熊本は投手陣で最年長27歳の隈部が7回3失点(自責点1)と好投。前日の第1代表決定戦で、エース荒西がサヨナラ負けを喫したショックを消し去ってみせた。

 ピンチにも冷静さが光った。三回に2失策が絡んで逆転を許したが、見せ場は味方が再逆転した後の六回。安打と犠打などで1死二塁となったが、代打・吉原を右飛、続く沼田を追い込んでから外角低めのスライダーで空振り三振に取って流れを渡さなかった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文687文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする