メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人

菅野、精彩欠き6回5失点 42年ぶりワーストタイ

 ○西武8-5巨人●(メットライフ・6日)

 エースでも悪い流れは断ち切れなかった。長嶋茂雄監督の1年目で球団史上唯一の最下位に沈んだ1975年以来の球団ワーストの11連敗を喫した巨人。「しっかり現実は受け止める」。6回5失点と崩れた菅野は悔しさをかみしめるように語った。

 序盤から捕手の構えとは逆の球が目立ち、際どいコースを狙った球もわずかに外れた。慣れない敵地のマウンドに「誰もが同じ条件で投げている」と言い訳はしなかったが、最後まで本来の投…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです