メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
らっこ・ライブ・レビュー

谷山浩子 不思議の国の暗闇の悦楽

 コンサート会場が“非日常空間”であるというのは、日ごろのうっぷん晴らしという動的な意味だけではない。“静の非日常”とでも言おうか。想像力が解放される。音と言葉に導かれるように歌の世界に入り込んでゆく。谷山浩子の「デビュー45周年大収穫祭」は、その極め付きのようなコンサートだった。

 何しろ1曲目の「偉大なる作曲家」は、どんな偉大な作曲家も死んでしまえば土の中。骨になっているという歌詞だ。「45周年記念と思えないくらいに代表曲が少ない」と笑った約3時間。4月に発売された3枚組みシングルコレクションの曲をちりばめた構成は“非日常”そのものの幻想的な空間だった。

 ゆがんだ時計が示す時間、森の奥に続く迷路、その向こうに広がっている動物と生物の闇の王国、人知れぬ小…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「太鼓の達人」全国ランキング上位者2人、打面を盗んだ疑い 愛知県警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです