連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

尾上菊之助 作り阿呆を大胆に 「一條大蔵譚」で初役の「大蔵卿」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=丸山博撮影
=丸山博撮影

 国立劇場の「7月歌舞伎鑑賞教室」で、「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の一條大蔵長成を初役でつとめる。

 源氏と平家の争いを背景にした「鬼一法眼三略巻」の一段。牛若丸(源義経)の母、常盤(ときわ)御前(ごぜん)は夫の源義朝が討たれた後、勝者である平清盛の側室となり、さらに公家の一條大蔵長成(大蔵卿)に嫁がされた。

 牛若丸と共に源氏の再興をはかる鬼次郎は常盤御前の本心を探ろうと、長成の館に妻のお京を奉公させる。大蔵卿は愚かという評判であった。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1173文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集