メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

尾上菊之助 作り阿呆を大胆に 「一條大蔵譚」で初役の「大蔵卿」

=丸山博撮影

 国立劇場の「7月歌舞伎鑑賞教室」で、「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の一條大蔵長成を初役でつとめる。

 源氏と平家の争いを背景にした「鬼一法眼三略巻」の一段。牛若丸(源義経)の母、常盤(ときわ)御前(ごぜん)は夫の源義朝が討たれた後、勝者である平清盛の側室となり、さらに公家の一條大蔵長成(大蔵卿)に嫁がされた。

 牛若丸と共に源氏の再興をはかる鬼次郎は常盤御前の本心を探ろうと、長成の館に妻のお京を奉公させる。大蔵卿は愚かという評判であった。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです