メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

〓時苗(けいじびょう)監督 日中友好の歴史に共鳴 オペラ「鑑真東渡」来月再演

邢時苗監督=中国・北京市内で

 唐代の僧で、幾多の渡航失敗を経て日本の地を踏み戒律を伝えた鑑真(688~763年)の生涯を題材にした中国・江蘇省演芸集団有限公司のオペラ作品「鑑真東渡(とうと)」が7月、日本で上演される。昨年末に東京などで初上演され好評を博し、日中国交正常化45周年の節目の今年、再演が決定。北京市内で取材に応じた〓時苗(けいじびょう)監督(59)は「1200年以上前に存在した中国と日本の友好の歴史に思いをはせてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1280文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです