メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

〓時苗(けいじびょう)監督 日中友好の歴史に共鳴 オペラ「鑑真東渡」来月再演

邢時苗監督=中国・北京市内で

 唐代の僧で、幾多の渡航失敗を経て日本の地を踏み戒律を伝えた鑑真(688~763年)の生涯を題材にした中国・江蘇省演芸集団有限公司のオペラ作品「鑑真東渡(とうと)」が7月、日本で上演される。昨年末に東京などで初上演され好評を博し、日中国交正常化45周年の節目の今年、再演が決定。北京市内で取材に応じた〓時苗(けいじびょう)監督(59)は「1200年以上前に存在した中国と日本の友好の歴史に思いをはせてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1280文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです