メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

〓時苗(けいじびょう)監督 日中友好の歴史に共鳴 オペラ「鑑真東渡」来月再演

邢時苗監督=中国・北京市内で

 唐代の僧で、幾多の渡航失敗を経て日本の地を踏み戒律を伝えた鑑真(688~763年)の生涯を題材にした中国・江蘇省演芸集団有限公司のオペラ作品「鑑真東渡(とうと)」が7月、日本で上演される。昨年末に東京などで初上演され好評を博し、日中国交正常化45周年の節目の今年、再演が決定。北京市内で取材に応じた〓時苗(けいじびょう)監督(59)は「1200年以上前に存在した中国と日本の友好の歴史に思いをはせてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです