メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

〓時苗(けいじびょう)監督 日中友好の歴史に共鳴 オペラ「鑑真東渡」来月再演

邢時苗監督=中国・北京市内で

 唐代の僧で、幾多の渡航失敗を経て日本の地を踏み戒律を伝えた鑑真(688~763年)の生涯を題材にした中国・江蘇省演芸集団有限公司のオペラ作品「鑑真東渡(とうと)」が7月、日本で上演される。昨年末に東京などで初上演され好評を博し、日中国交正常化45周年の節目の今年、再演が決定。北京市内で取材に応じた〓時苗(けいじびょう)監督(59)は「1200年以上前に存在した中国と日本の友好の歴史に思いをはせてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです