メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

放送局トップの発信力

 毎年6月は、民放各局も社長交代の季節。放送担当記者として気になるのは、月1回の定例記者会見で積極的な発言をしてくれていた社長が残るのかどうか。在京民放キー局では、フジテレビとテレビ東京の社長交代が決まった。

 フジの亀山千広社長は、ドラマの名プロデューサーだけあって、ドラマを表現力豊かに分析した。主演女優に対する演出を具体的にダメ出ししたこともあり、広報担当者がハラハラ…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです