メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村重信さんをしのぶ会

美術史家 空前絶後、行動の人 大阪

しのぶ会で木村重信さんとの思い出を語る山崎正和さん=大阪市北区の国立国際美術館で、清水有香撮影

 「行動する美術史家」として知られ、今年1月に91歳で死去した木村重信さんをしのぶ会が先月29日、大阪市北区の国立国際美術館で開かれた。多くの美術関係者のほか、劇作家の山崎正和さんや建築家の安藤忠雄さんら計約300人が参列。穏やかな表情の遺影に花を手向けていた。

 京都市立芸術大、大阪大で教授を務めた木村さんは半世紀以上にわたって先史・古代美術の調査研究に取り組み、民族芸術学会の設立に尽力した。美術評論家の顔も持ち、前衛美術家集団「具体美術協会」を積極的に紹介するなど戦後の関西アートシーンをけん…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです