メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チバニアン

「千葉時代」申請 「県民の誇り」「地域の財産」 首長ら期待 /千葉

白尾火山灰層とみられる横線が走る岩盤を流れ落ちる「不動滝」

 地球の歴史に「千葉時代」が刻まれる可能性が出てきた。国立極地研究所と茨城大、千葉大などの研究チームが7日、地球の磁気が反転した痕跡を残す市原市田淵の地層を、77万年前~12万6000年前の地質時代を代表する地層と認定するよう国際機関に申請し、県内では地質時代「チバニアン」(ラテン語で「千葉時代」)の誕生に期待が高まっている。市原市は今後、この地層や周辺を国の天然記念物に指定するよう国に申請する。

 森田健作知事は「千葉時代、チバニアンが世界に紹介されたら、県民としても大変な誇り。子供たちがより科学に興味を持ってくれれば、そういう分野の発展につながる。祈るような気持ち」と話した。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです