へしこ

風呂場に来たカエル /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ピッ、ピィピィー。突然、風呂場の呼び出し音が鳴った。誰も風呂に入っていないのにどうしたのだろうと行ってみた。子供が「風呂の湯加減を見に行ったらカエルがいる」と言う。「どこに?」と聞きながら、指差す先に目を移すと、5~6センチくらいの緑色のカエルがいた。モリアオガエルみたいだ。

 6月、我が家の小さい池の周りに植えてあるアジサイの枝に白い泡がいくつもぶら下がる。そのうち泡の中の卵が孵化(ふか)し、池に落ち、おたまじゃくしになる。おたまじゃくしは、1カ月ほどで足が出始める。

 池の周りにいる生き物はモリアオガエルだけでない。アマガエルやヒキガエル、ガマガエルも時々見ることができる。池の中にはイモリもいる。お腹(なか)の赤が毒々しいので気味悪がる人も多いが、イモリは水のきれいな所に住んでいる。今まで当然のように見られていたカエルやイモリが絶滅危惧種に指定されていることを最近知り、愕然(がくぜん)とした。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文770文字)

あわせて読みたい

注目の特集