メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農薬散布

3回目の中止申し入れ 松本市に「住民の会」 /長野

 松本市が里山辺、本郷の両地区で、松くい虫被害対策として今月23日に薬剤散布を計画していることに対し、中止を申し入れている「農薬による健康被害から子どもと市民を守る住民の会」(代表・安藤絵美子弁護士)の会合が7日、松本勤労者福祉センターで開かれた。

 会合は反対、賛成の住民や市の藤井卓哉農林部長、県松本地域振興局林務部などの担当職員ら約100人が参加した。会合について市側は「意見交換の場」とい…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです