メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストレスマウンテン

危険度一目で ウェブに「火山」表示 京都市版開設 /京都

 京都市こころの健康増進センターは、自殺・うつ病予防対策サービス「ストレスマウンテン京都市版」(http://kyoto-kokoro.org/stressmountain/)を開設し、7日から配信を始めた。仕事や生活での直近6カ月のストレス蓄積状況を、ウェブ上でチェックできる。

 ストレスをどの程度抱え込んでいて、どれだけ心が危険な状態にあるかをストレスマグニチュードという数値化した評価尺度であらわす。1967年に米国の学者が開発した。

 チェックするのは「単身赴任」「150万円以上の借金」「職場での責任の変化(異動、左遷、配置転換など)」「家族内の会話の減少」など50項目のうち、6カ月以内に起きた該当箇所。項目をウェブ上でチェックするたびに火山が徐々に大きくなり、危険度が高まれば噴火の絵になる。国内では神戸市が2012年12月から開設した。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです