メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おじゃまします

そば処 衣笠本店/大阪

 ◆そば処 衣笠本店=大阪市北区西天満4

 1949(昭和24)年創業の老舗大衆そば店。老松通りにあり、周辺は骨董(こっとう)品店が軒を連ねる。店主は3代目の高木浩也さん(56)。そばの他、うどんや丼物などを手ごろな値段で提供している。

 高木さんが使うのは100%国産そば粉。夏は期間限定で、鹿児島・志布志産の「春のいぶき」を直接取り寄せ、石臼でひいたものを使う。3月下旬に種をまき、初夏に収穫する品種で、強い風味が特徴だという。

 ざるそば600円、カツ丼750円。出前も受け付けており、その時は季節ごとに変わる特注の法被を着る。「昔のそば屋は出前時に着るのが当たり前でした。法被を見ると、どの店かわかったものです。最近はほとんど見ないですね」と高木さん。昔ながらの風情ある姿に「ずっと続けてや」と声を掛けられることもあるという。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです