メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際家具コンペ

移住の平井さん入賞 吉野杉で座椅子 川上 /奈良

受賞作の座椅子を手にする平井健太さん=奈良県川上村で、栗栖健撮影

 海外仕込みの技術で吉野杉を使った家具を作りたいと川上村に移住した同村地域おこし協力隊員、平井健太さん(33)が手掛けた座椅子が、国際的な家具デザインのコンテストで入賞を果たした。平井さんは「吉野杉を生かし美しいデザインの家具を作り続けたい」と話している。

 家具産業が盛んな北海道旭川市の家具工業協同組合が開く「国際家具デザインコンペティション旭川2017」で、3位にあたる「ブロンズリーフ賞」を受賞した。21日に同市で授賞式がある。

 平井さんは静岡県出身。大学卒業後、ゼネコンで建築設計をしていたが、「手仕事が好き。設計から製作まで…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです