メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

国会と霊廟テロ IS犯行声明 12人死亡

イランの国会議事堂の近くで銃を持ち配置につく治安部隊員=テヘランで7日、ロイター

 イランからの報道によると、首都テヘラン中心部の国会議事堂と郊外の聖地ホメイニ廟(びょう)が7日、武装集団にほぼ同時に襲撃された。議事堂では犯行グループが人質をとって立てこもったが、治安部隊が突入し、約4時間半後に鎮圧した。容疑者の一部は自爆した。イラン内務省はテロと断定。地元メディアによると民間人ら少なくとも12人が死亡、42人が負傷した。

 イスラム教スンニ派を標榜(ひょうぼう)する過激派組織「イスラム国」(IS)はインターネットを通じて…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです