連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

国会・霊廟テロ ISイランにも浸透か 政教の中心狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イランの首都テヘランで起きた同時テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。イラクなどでISと敵対してきたイランだが、これまでは比較的治安が安定しており、首都中心部を攻撃されたショックは大きい。声明が事実なら、ISのさらなる勢力拡散を表す事態であるうえ、イランは治安対策の立て直しが急務。2期目を迎える穏健派ロウハニ政権が抱える「内憂」が浮かび上がった。

 テロの標的となったのは、イスラム革命の最高指導者・故ホメイニ師を祭る霊廟(れいびょう)と国会議事堂。「政教一致」のイランを象徴する宗教と政治の「中心地」が同時に狙われ、襲撃を許したことに、イラン指導部は衝撃を受けている模様だ。

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2180文字)

あわせて読みたい

注目の特集