メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017欧州の岐路

きょう英総選挙 EU離脱見据え混迷 労働党が終盤猛追

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)離脱を見据える英国の下院総選挙が8日投開票される。解散当初はメイ首相率いる保守党の圧勝とみられていたが、終盤で最大野党の労働党が猛追。2大政党がどちらも過半数に届かないハングパーラメント(宙づり議会)となり、メイ氏の退陣や政権交代の可能性を指摘する声も出てきた。選挙結果がEU離脱交渉にどう影響するのか。起こり得るシナリオを探った。

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです