メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

国会・霊廟テロ 専門家に聞く

坂梨祥氏

 イランの首都テヘランで7日に起きたテロ事件は、イランの現体制や社会にどのような影響を及ぼすのか。専門家2人に聞いた。

監視体制さらなる強化も 坂梨祥(さち)氏 日本エネルギー経済研究所 中東研究センター研究主幹

 首都中枢でテロが起こったことは、イランの現体制や社会にとって大きな衝撃だろう。これまでイランは反体制的な組織や人物への監視に力を入れることでテロを防いできた。しかし、今回事件が起こったことで、保守強硬派を中心にさらなる監視体制の強化を求める声が上がりそうだ。

 犯行声明を出したイスラム教スンニ派を標ぼうする過激派組織「イスラム国」(IS)はイラン国民の多数が…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです