メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

司法長官辞任申し出、トランプ氏認めず 米紙報道

 【ワシントン高本耕太】セッションズ米司法長官の辞任観測が浮上している。複数の米メディアは6日、ロシア政府の米大統領選介入疑惑を巡ってトランプ氏との関係が悪化し、セッションズ氏が最近、辞任を申し出たと報じた。セッションズ氏は、トランプ氏が掲げた強硬な不法移民対策を訴えてきた人物で、議会共和党とのパイプ役。連邦捜査局(FBI)のコミー前長官の議会証言を8日に控え、政権の混迷が深まっている。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、セッションズ氏は「ここ数週間の間」に、トランプ氏に対して、職務遂…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです