メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

光真章さん=足紋の普及活動を続ける元警視庁捜査1課長

光真章(みつざね・あきら)さん(69)

 足の裏にある足紋は指紋と同様に、一人として同じものがなく、終生不変であることはあまり知られていない。「災害などの身元確認で大きな効果があるはず」と普及活動を続ける。

 きっかけは東日本大震災だった。遺体確認は難航し、身元を取り違えて遺族に引き渡すケースもあった。身元を確認する上で最も効果があるのは指紋だが、警察が保管するのは犯罪歴のある人物に限られる。警察の捜査手法として発展した経緯もあり、指紋を採取されることに抵抗感を持つ市民も少なくない。

 そこで思いついたのが足紋だ。「プライバシーの観点から抵抗感が少ないし、警察も足紋をデータベース化し…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文664文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです