メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チバニアン

「千葉時代」命名申請 市原の地層、77万~12万年前の地質時代

 茨城大や国立極地研究所などの研究チームは7日、千葉県市原市の地層を77万年前~12万6000年前の地質時代(中期更新世)を代表する地層に認定するよう国際地質科学連合に申請した。同連合は来年に結論を出す見込み。選ばれれば中期更新世が「チバニアン」(ラテン語で「千葉時代」)と命名され、46億年の地球史に初めて日本の地名が刻まれる。

 地球の歴史は、地層に残る生態系や環境の変化の痕跡により、115の地質時代に区分される。今回認定を目指すのは、同市田淵の養老川沿いにある「千葉セクション」と呼ばれる地層。地球の磁場(地磁気)が77万年前に最後に逆転したことを示す証拠が明瞭に残っている。中期更新世は、最後の地磁気逆転を境界にすることが決まっており、千葉セクションは有力候補だ。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです