ES細胞

医療用、作製へ 京大申請、厚労省専門委も了承

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 再生医療に使うためのヒトES細胞(胚性幹細胞)の作製を申請していた京都大チームの計画について、厚生労働省の専門委員会は7日、大筋で了承した。作製に必要な文部科学省の了承も得られており、医療用ES細胞の作製が国内で初めて動き出す。

 計画では、不妊治療で使わなくなった受精卵について、京都市内の医療機関…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集