メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

宇宙開発、ベンチャー参入続々 国家間競争から商売へ、月世界旅行も

 国家事業の色合いが強かった宇宙産業分野で、民間のベンチャー企業の進出が続いている。価格破壊をうたい、月の周回旅行を計画する企業も現れた。米ソの競争の舞台だった宇宙開発の現場はビジネスの舞台へと様変わりしている。宇宙ビジネスの最新事情は?【阿部周一】

 ●ロケットを再利用

 民間参入の代表格に挙げられるのが、米国の「スペースX」だ。発足10年余りの新興企業だが、国際宇宙ステーションへ荷物を運ぶ業務を米航空宇宙局(NASA)から請け負うなど、世界のロケット打ち上げのうち、半分のシェアを占めるまで急成長した。

 特徴は「価格破壊路線」だ。ロケットは基本的に「使い捨て」されているが、同社は打ち上げ後の再利用を進めている。同社のファルコン9は打ち上げ後、機体の安定翼や水平方向の噴射装置などで姿勢を整え、4本の脚を使って目標の場所に垂直下降できる。まるでSF映画のようだ。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです