メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

宇宙開発、ベンチャー参入続々 国家間競争から商売へ、月世界旅行も

 国家事業の色合いが強かった宇宙産業分野で、民間のベンチャー企業の進出が続いている。価格破壊をうたい、月の周回旅行を計画する企業も現れた。米ソの競争の舞台だった宇宙開発の現場はビジネスの舞台へと様変わりしている。宇宙ビジネスの最新事情は?【阿部周一】

 ●ロケットを再利用

 民間参入の代表格に挙げられるのが、米国の「スペースX」だ。発足10年余りの新興企業だが、国際宇宙ステーションへ荷物を運ぶ業務を米航空宇宙局(NASA)から請け負うなど、世界のロケット打ち上げのうち、半分のシェアを占めるまで急成長した。

 特徴は「価格破壊路線」だ。ロケットは基本的に「使い捨て」されているが、同社は打ち上げ後の再利用を進…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです