スズメ

ツバメの巣乗っ取り子育て 住宅事情変化が影響か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ツバメの巣を乗っ取り、子育てするスズメ=三重県名張市で
ツバメの巣を乗っ取り、子育てするスズメ=三重県名張市で

 土で固められたツバメの巣で、子育てに励むスズメが各地で確認されている。三重県名張市の幹線道路高架下では、ヒナに餌を運ぶ親鳥が頻繁に飛び交い、約40個ある巣の半分が乗っ取られた状態に。鳥類の専門家は「瓦屋根の民家が減るなど住宅事情の変化が、スズメの営巣に影響を及ぼしている」と分析している。【広瀬晃子】

 近鉄桔梗が丘駅(同市桔梗が丘1)近くの道路高架下には、イワツバメの巣が約40個あるが、ツバメがいるのは半分以下。市内に住む「日本野鳥の会 三重」の元理事、田中豊成さん(66)は「乗っ取りスズメ」と名付け、市内各地で調査している。発見したのは10年ほど前で、年々増加傾向にあるという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集