メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

USJ

マリオ登場のエリア着工式 20年夏までに開業

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)は8日、人気キャラクター「マリオ」などが登場する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設着工式を開いた。

 新エリアは、最新技術を使った乗り物型アトラクション「マリオカート」のほか、店舗やレストランを設け、2層構造の巨大複合エリアとなる。建設場所は、映画「ハリー・ポッター」エリアの西側。USJはこれまで投資額について、USJ史上最大の500億円としていたが、同日、600億円を超えると発表した。2020年夏までの開業を目指す。

 着工式では、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」をテーマにしたステージで、土管からマリオが登場。マリオの生みの親である任天堂の宮本茂代表取締役も登壇し「任天堂のゲームの世界に入ったような体験ができる」とアピール。USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「国内外から多くのゲストを迎えることができるだろう」と述べた。

 その後、ゲームに登場する「ハテナブロック」をたたき、花火と紙吹雪で着工を祝った。【岡奈津希、真野森作】

USJの新エリア「スーパーニンテンドーワールド」建設着工式の舞台に立つマリオら。(写真左から)マーク・ウッドベリーさん、USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者、マリオ、任天堂の宮本茂代表取締役=大阪市此花区で2017年6月8日、貝塚太一撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]