被ばく

体内に総量36万ベクレルか 原子力機構事故

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
核燃料物質の保管容器を点検していた作業員5人が放射性物質に汚染された、日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センターの燃料研究棟(右上)=茨城県大洗町で2017年6月6日、本社ヘリから宮武祐希撮影
核燃料物質の保管容器を点検していた作業員5人が放射性物質に汚染された、日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センターの燃料研究棟(右上)=茨城県大洗町で2017年6月6日、本社ヘリから宮武祐希撮影

 日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で放射性物質が飛散して作業員5人が被ばくした事故で、肺から2万2000ベクレルのプルトニウム239が検出された50代の男性職員について、同機構が男性の体内に取り込まれた放射性物質の総量を36万ベクレルと推定していることが8日、分かった。同機構などはさらに詳細な被ばく状況を調べている。

 原子力機構によると、男性職員の肺の被ばく値から、血液や骨、臓器など体全体に取り込まれた放射性物資の総量を算出し、36万ベクレルと推定した。この数値は1年間で1.2シーベルト、50年間で12シーベルトの内部被ばくを見込む根拠になったという。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文826文字)

あわせて読みたい

注目の特集