外国人売春強要

なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カンボジア人女性らが売春をさせられていた建物=群馬県渋川市伊香保町伊香保で
カンボジア人女性らが売春をさせられていた建物=群馬県渋川市伊香保町伊香保で

 伊香保温泉などを舞台にした外国人女性の売春強要事件で、出入国管理法違反(不法就労助長)の罪に問われた風俗店経営の男ら3人に有罪判決が言い渡された。群馬県内では過去にも、伊香保温泉を中心に同様の事件が摘発された。人身取引対策の「後進国」と指摘される日本。なぜなくならないのか。事件の背景を探った。【杉直樹】

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2413文字)

あわせて読みたい

注目の特集