米サウジ電話協議

テロ資金供給遮断が重要で一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

アラブ諸国のカタール断交について協議

 【ワシントン会川晴之、高本耕太】トランプ米大統領は6日、サウジアラビアのサルマン国王と電話協議した。サウジやエジプトなどアラブ諸国が、過激派への資金提供を理由にカタールと断交したことについて協議した。

 ホワイトハウスによると、両首脳は、過激派組織「イスラム国」(IS)などを念頭に、テロ資金の供給遮断が極めて重要との認識で一致したほか、中東地域から過激派組織の排除が目標であることを…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集