JASRAC

音楽教室の著作権使用料規定、文化庁に提出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は7日、ピアノなどの音楽教室での演奏について著作権料を徴収する使用料規定を文化庁に届け出た。来年1月から徴収を始めたいとしている。

 JASRACは同日、東京都内で記者会見を開いた。使用料は(1)年額の場合、前年度の受講料収入の2.5%(2)月額は受講者数と受講料から計算した月額売り上げの5%相当(3)曲単位は受講者数と受講料から計算した売り上げの…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

ニュース特集